遺品整理のこと

0
    長らく更新しておりませんでした。皆様お久しぶりです。

    私事ですが、昨年、母、祖母と身近な人間が立て続けに他界しました。
    母が他界する1月ほど前に娘が産まれたり、良くも悪くも激動の1年でした。

    母が家族・仕事の両面で大黒柱だったので、それを私の力で埋めることは到底かなわず、力不足を実感した1年でもありました。

    しかしながら節分も過ぎたことですし、泣き言を言っても始まらないので、ここらでブログも更新し、心機一転前向きに頑張っていこうと思います。

    さて、タイトルの『遺品整理』ですが、よくご依頼を頂く業務のひとつです。

    処分するのはなんか悪い気がするとか、遠方に住んでいて一人で処分するが大変だとか、どこに頼めば良いのかわからない等の理由で、長年放置している方も結構おられるようです。

    しかしながら私は父と別居なのですが、遺品と一緒に生活しているとどうしても故人を思い出してしまうようで、やはりどこかで踏ん切りをつけなければならない時はあると思います。

    そう思うと、残された人が前に進むステップのひとつとして遺品整理があるような気がしてなりません。

    遺品を処分することに抵抗がある方がほとんどだと思いますが(私もそのひとりです)、きちんと処分すれば、その多くが資源として生まれ変わり、次の世代を活かす糧となります。

    まだ遺品整理できずに迷っている方は、一度ご相談下さい。

    次のステップに進むためのお手伝いが出来るかもしれません。

     解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

    バタバタ

    0
      お久しぶりです。
      今週末からは少し暖かくなるようなことを、天気予報で言ってました。
      桜の開花予想も3月31日ということで、少しずつ春に近づいているようです。

      先月の記事でも申しておりました通り、今月に入って目が回るくらいバタバタしております。
      とは言いましても、従業員5人の小さな会社ですので世間様からみれば大したことはないのですが、20日の祝日も仕事が入るという盛況ぶりです。これも皆さまのおかげです。感謝致します。

      社長は埋まりゆくホワイトボードを見ながら上機嫌ですが、割り振りをする僕は大パニックです。
      しかしながら、ヒマな時に助けていただいた業者様のことを考えると、
      なんとしてでもお気持ちにお応えしたい!
      33歳独身、久々にヒートアップしてきておりますグッド

      そんな中、O君が風邪、K君がインフルエンザと、こっちは体温がヒートアップしてバタバタ倒れていきます病院
      健康管理も仕事のうち、とは言うものの、病人にムチ打つわけにもいかず、そんな状態で現場に出さすわけにもいかないので、療養してもらっています。(O君は復活してます。)
      少人数で頑張っている弊社にはこたえます。

      話は変わってそのインフルエンザの話なのですが、今年は産まれて初めての予防接種を受けてみました。
      2000円程度だったと記憶していますが、感染した時のあの苦しみを考えると安い買い物のような気がします。大人になってからの高熱はほんとキツいです。今ここで自分が倒れるわけにいかないことを考えると、さらにお得感倍増です。安い保険料です。

      先週の会社の健康診断の結果も良好でしたし、なんとか乗り切っていきたいと思います。


      PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

      お見積りのあれこれ

      0
        早いもので年が明けてもう2ヶ月が経過しました。明日からは3月ですね。
        あと2週間もするとお水取りも終わって、暖かくなってくるのでしょうか。
        あまり実感が湧きません。

        さて、前々回のブログで単価の話をしましたが、
        これに関連して今回はお見積りの話なんかをしたいと思います。
        一般のお客様向けのお話です。

        よく、電話で『木造2階建ての解体やねんけど、なんぼかかる?』と聞かれることがあります。
        どんな要素で値段が決まるかなんて、初めて解体に関わるお客様はわからないので、その質問も当然のことだと思います。

        しかしながら、これには正直なところお答えしにくいです。最低限必要な情報をお聞きして、大体の値段をお出しすることはできるのですが、どうしてもお客様から伝えて頂いた情報と、こちらで見させて頂いた場合の情報で食い違ってくることがあり、ある程度余裕を持たせた金額しかお伝え出来ません。

        お客様の気持もよくわかります。
        直接来てもらうほどでもないし、来てもらったら断りにくいし、とりあえずいくらくらいかかるか知りたいだけだし…等など、僕でも自分が同じ立場におかれたら、同じ行動をとるでしょう。

        でも、物品を売るような仕事と違って、
        立地条件や建物の形状は一人ひとりのお客さまごとに違います。

        『増改築はしてないだろうか?』
        『壁や屋根に使ってある素材は?』
        『道路にどのサイズのトラックまでなら停めても、ご近所さんの迷惑にならないだろうか?』
        『残されるゴミの量はどれくらいだろうか?』
        『足場養生は隣家との関わりでどのように組めるのか?』

        言い出せばキリがないほどです。

        実際にこれらを見させていただいて、廃材の処分費や掛かる日数分の人件費など、色んな面から判断して、ギリギリの数字をはじき出します。

        ですので、お客様のお気持は重々承知の上ですが、
        できましたら、現場をお見せ頂きたいです。
        その方がお安くお見積もりさせていただけるのは確かです。

        現場を見たからと言って、無理な押し売りなどは一切しません。
        相見積りしてもらっても全然OKです。

        なんにせよ、まずはご連絡頂かない事には始まりません。
        小さなことでもお気軽にお問い合わせ下さい!

        とりあえずおおまかに知りたい方は、もちろん電話のみで尋ねてもらっても結構です。
        出来る限りの回答をさせて頂きます! グッド

        PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

        資格のことなど…

        0
          と、その前に、フリーダイヤル開通しました。
          ホームページ上に掲載されてます。
          仕事の電話、フリーダイヤル経由でかけてきてください。大歓迎です。

          さて、突然ですが、解体屋って小さい物件だけを扱うならば、気合と根性で誰でもできます。
          500万円以下の工事だけなら建設業の許可もいりませんし、元請けなら収集運搬の許可もいりません。材料を仕入れたり、専門的な道具も比較的少なく、トラックや重機も今はレンタルできます。こういった理由から解体屋として独立する若人も多いようです。
          (現実はそんなに簡単ではないですが。)

          とまぁ解体屋といっても、見た目にはわからないピンキリな部分があるわけです。
          そこで、やはりお客様としては、安心して工事を任せられるように、会社としての技術力・信用力をお求めになります。その目安が、許可であり資格であるわけです。

          その中から今回は資格についてのお話です。

          資格は当然のことながら会社や作業の安全性に繋がるわけで、HPの会社案内などでアピールしている会社さんが結構多いです。弊社も、持っている資格については掲載しています。

          これが厄介なもので、作っていると
           『もっと資格の欄を埋めたい』ショック
          となってきます。

          今僕一人が持っている建築系の資格は
          ・車両系建設機械(整地等)/いわゆるユンボですね
          ・車両系建設機械(解体)/ユンボにブレーカーをつけたものです
          ・石綿使用建築物等解体等業務 /アスベスト取扱いです
          これだけです。
          あと持っている、そろばん4級と英検3級と簿記3級は使い物になりません鳥

          今後増やさなければならないわけですが、資格をとるのも結構値段がはる訳で、なんでもかんでもポンポンとるわけにはいきません。
          なので色々考えた結果、次回は
          ・木造建築物の解体工事の作業指揮者(社長もK君も持ってます)
          ・職長・安全衛生責任者
          この2つを取ることにしました。

          弊社の方針としては、『資格は自分自身の一生モノ』ということから、基本実費です。上記2つで28,000円お年玉。痛いです。社長に稟議書回せばなんとかなるでしょうか。否、ならない。
          頑張って捻出していってきます。

          これとは別の資格や許可については、機会があればまたお話します。

          PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

          フリーダイヤルを申し込んでみる…

          0
            昨日の、会社の電話を公開した話の続きですが、

            調子に乗って、フリーダイヤルを申し込みましたグッド

            なぜか自分の中では敷居の高い存在で、調べようとも思わなかったのですが、初回工事費用1,000円、月額1,000円で利用できるとのこと。驚きです。

            で、0120のあとの番号なんですが、なかなかいいのがない!

            こぼち-こぼち で 502-502 とか 501-501 とかの3桁の繰り返しは1件も空きがないとのこと。さらに 00-11-22 みたいな2桁の繰り返しも空きナシ。
            調べてみるとヤフオクで数百万円で売りに出されてます。番号買取業者が買い占めてます。恨みます。

            事務所の番号が 393-2600 なので、393-260 とかも無理!
            郵便番号絡めても無理!無理!無理!
            何回電話で確認してもらっても無駄!無駄!無駄!無駄〜!

            0800とかも考えましたが、やはり使う側からすると認知度のある0120が、無料だとも分かりやすく、良いだろうと思います。
            よくよく考えるとTVCMに出すわけでもないですし、語呂合わせにこだわっているのはこちら側の問題で、お客さんからするとそんなに重要ではないのではないかとも思えます。

            と、いうことで適当な番号で申し込みました。
            あと2,3日で開通するので、開通したらホームページに書き入れます。

            事務所にいることが少ないので、どのみち僕の携帯に転送されてきます。
            毎月の携帯代が心配になるくらい仕事の電話があれば嬉しいのですが…

            月額1,000円なので、みなさんもどうでしょうか。
            申し込みまでにストレスが溜まることは間違いないです。

            PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

            雪ですね…

            0
              倉庫の前の道が雪で通行不能になったので、今日は休みですショック
              とは言うものの、事務所に貯めた仕事もあるので僕はもちろん出勤です。

              ところで皆様、会社をやっておられて金融関係や飛び込み営業の迷惑電話に悩まされてないでしょうか。弊社もずーっとこれに悩まされてきました。今でも1日5〜10件の迷惑電話がかかってきます。
              そこで5年ほど前でしたか、社長がブチ切れ怒りまして、電話帳掲載一切取りやめ、会社の電話は受けないたらーっ(←ここが青松クオリティ)ということになっていました。

              社長としては、支払い時のリスクを避けるため、信用ある会社さんとの取引きしかしない方針でしたので、携帯番号を知っていれば何ら問題はありませんでした。

              しかしながら、ホームページも立ち上げたことですし、これからは個人のお客様直接の仕事もとっていく方向で、電話番号を公開、電話帳にも掲載するようにしました。
              弊社みたいな小さな会社に事務員がいるわけでもなく、当然僕の携帯に通話料こちら持ちで転送されてくるのですが、99%迷惑電話。(今まで電話を告知してないので当然と言えば当然ですが。)
              『電話を転送します。転送してからの通話料は当方で負担いたしますのでこのままお待ちください。』
              のアナウンスを聞いてもおかまいなしで営業活動。
              まさしく迷惑電話。

              仕事の打ち合わせで何十分喋っても全然気にならないのですが、人の電話賃使っての無遠慮な営業活動、困ったものです。

              不特定多数への未認証広告メールの罰則が3000万円に引き上げられることになりましたが、電話も取り締まって欲しいものです。

              PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

              うちの特色てなんやろ…

              0
                HPを作るようになってから、いろんな同業者さんのHPを見るようになりましたが、どれも似てるんですよねぇ。

                不法投棄はしません
                法令には従います
                近隣にご迷惑がかからないようにします
                安くしときます

                他にも環境問題などありますが、大体こんなところでしょうか。
                事実この中の何れかが欠けている業者さんもおられるわけで、確かにアピールすべきことなのですが、HPを作っておられる業者さんの中ではさして珍しいことではないのが現状のようです。

                これでは利用者の方もドコを選んだらいいかわかんないですよね。

                そこで弊社の特色を出していきたいのですが、HPでアピールできるような特色って何???

                髭が豊富
                口が達者

                身内のアピールしてもしょうがないので…

                ちょっと考えてみます。
                何かあれば教えて下さい。

                PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

                ひとまず完成したかも…

                0
                  味も素っ気もないページになりましたが、ひとまず完成しました。

                  今まで現場で写真を撮る事も少なかったので、素材がなくて困ります。
                  これからちょっとずつ写真も撮って、ホームページに入れていきたいと思いますカメラ

                  簡素なページですが、お時間がある時にでも、一度ご訪問くだされば幸いです。
                  お気づきの点などございましたら、ご指導宜しくお願い申し上げます。

                  PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

                  『お取り引きの流れ』を追加してみる…

                  0
                    2月に入りましたねゆき
                    まだまだ寒いですが、建築業界においてもこの冷え込みは続きそうです。昨日ニュースでやってましたが、住宅建築が40年前と同じ水準に落ち込んでいるらしいです。特に京都においては景観条例の絡みもあり、昨年度の建築戸数が一昨年度の半分に落ち込んでいるようですね。40年前…まだ産まれてなかったのでよくわかりませんが、業界が落ち込んでいるのはよくわかります。

                    でもまぁはたから見ると全然平気そうな業者さんもおられます。
                    泣き言言っててもしょうがないので、なんとか生き残れる方法を模索しているところです。

                    当然ホームページの作成もその一環ですが、今やHPはあって当たり前の時代なので、そんなに大きな期待はしていません。受注に関しては年に1回これで仕事が取れればいいなぁ、くらいのもんです。
                    それよりも業者開拓とか業者間の交流とか、そういったものを今まで以上に力入れなアカンなぁと思ってます。

                    さて、今回の更新ですが、一般の方にとっては解体工事なんてそうそうあるものじゃないです。なのでその流れを簡単に書いてみました。
                    まだまだ直さないといけないところもありますが、ひとまずこれでアップ。
                    お気づきの点がございましたらご一報くださいませ。

                    PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]

                    ホームページをつくりはじめてみました…

                    0
                      会社に就職して早3年目、やっと作る気になりました。
                      そもそも、ホームページを見てお客様が買い物をしてくれる、とか、しょっちゅう仕事が舞い込んでくるというような業種でもないですし、少々作るのを敬遠していたというのがあるのですが、色々と考えるところもあり制作にかかりました。

                      理由は…

                      おいおい書いていくこととします。

                      ちなみにアドレスは

                      PC kobochi.net
                      こぼちドットネット で覚えてください。

                      です。現在会社概要が出来上がっています。

                      ホームページの成長を見守って下さいまし。

                      | 1/1PAGES |