作業着のことなど

0
    お久しぶりです。ブログを書くのが完全に止まっておりました。
    今日から5月に入りましたね。
    5月らしからぬ暖かさで、ちょっとまいってしまっている青松です。

    さて、業者の皆様はご存知だとは思いますが、弊社では従業員はニッカポッカを履いて作業をしております。

    このニッカポッカ、業界の方は特に違和感はないと思うのですが、世間一般の方から見ると、
    『あれ、不良の着る服やろ?』
     とか
    『ガラの悪いイメージを与えるのでウチはストレートの作業着にしました』
     とか
    どうもよろしくないイメージがあるようです。
    確かに会社のイメージを考えると、ストレートの作業着なのかなぁ…、とも思います。

    でもニッカポッカを履くのはちゃんと理由があります。

    解体作業は足場や高所への上り下りを頻繁にしなくてはなりません。
    この時ストレートだと、どうしても股下がつっかえたり、汗でくっついて足が上がらないのです。その度にモタモタしていては危険ですので、なるべく動きやすいように、作業性を重視しているのです。

    忍者がニッカポッカのようなズボンに足袋を履いていたのも納得です。

    解体以外の作業、例えば設備関係の仕事になると、みんなストレートの作業着で仕事をしております。これは逆に膨らんだ裾が邪魔になるからです。

    会社のイメージと作業性、どちらも大事ですが、やはり安全第一ということで今のところ変更する予定はありません。
    でも、会社の方針でストレートの作業着に変更した別の会社の従業員は、『確かにニッカポッカの方が動きやすいが、慣れればなんとかなる』とも申しております。

    ここらへんは今後色々な人の意見を聞きながら考えていきたいと思います。

    世間様の常識と、業界の常識とのギャップのお話でしたが、次回は第2弾で、防音シートのお話などをしてみたいと思います。


    PC 解体工事一式 京都(株)青松建設ホームページ[kobochi.net]